CAPプロジェクトやお 子どもがあらゆる暴力から身を守るための教育プログラム


お 知 ら せ

  • 〜「こどもいきいき写真展」写真募集のお知らせ〜


    子どもたちがいつでもどこでも、安心して自信をもって自由に選んで、
    いきいき過ごせる社会を目指して、今年度も写真展を開催します!

    11月14日(土)の「こどもいきいき写真展」に展示する写真を
    〇あんしん部門
    〇じしん部門
    〇じゆう部門
    の3部門を募集しておりますので、
    下記のチラシをご覧いただきご応募ください。

    ※人権を侵害している恐れのある写真は展示できませんので
    、 チラシ裏面をご確認いただいた上でご応募お願いいたします。


    こどもいきいき写真展2020のチラシは下記からご覧いただけます
    こどもいきいき写真展2020チラシ(表)チラシ
    こどもいきいき写真展2020チラシ(裏)チラシ


    〜「CAPキャラバン」のご案内〜


    こどもへの暴力のない安心な地域を目指して、八尾市内の各地で開催しています。
    子どもの年齢や発達に応じた情報やスキルを知り、加害者にも被害者にもさせないために、
    おとなができることを地域ぐるみで考え、あんしんのネットワークを広げます!
    今年度は、オンラインも活用してお開催しておりますので、是非、ご参加ください!

    ■日 時:2020年9月5日(土)10:00〜12:00
    ■場 所:八尾市青少年センター3階 又はオンライン
    ■テーマ:就学前の子どもに大人ができること
    ■定 員:会場15名・オンライン15名
    ■参加費:500円

    ■お申込みは下記までお願いします
    https://peatix.com/event/1579385




    八尾市中学校1年生自死の報道を受けて



    私たちCAPプロジェクトやおは
    2008年から八尾市の全公立小学校3年生の子どもたちに、
    CAPプログラムを実施してきました。
    「みんなには、安心して、自信をもって、自由に生きる権利があるんだよ。
    権利をとられたら、助けてと言っていい」と子どもたちに伝えてきました。

    子どもたちの一生のうち、一度会えるか会えないかの授業の中で
    「みんな幸せになってね」と祈るような気持ちで
    たくさんの子どもたちと出会ってきました。
    今回の重大事案の当事者の子どもたちにも数年前に出会っていたはずです。

    「子どもたちを被害者にも加害者にもしないために」
    私たちが事あるごとに使ってきた言葉です。
    子どもへの暴力防止を掲げてきた団体として、
    子どもを守る責任のある一人の大人として、
    子どもたちの力になれなかったことに悔しさと申し訳なさでいっぱいです。

    どれだけおそろしかったか
    どれだけ生きたかったか
    彼にはもう明日という日はやってこないのです

    子どもたちの命と権利を守るために
    今、生きている私たちに何ができるのか、
    考え伝え続けることが責任だと思っています。

    最後になりましたが、
    亡くなられた男子生徒に心よりご冥福をお祈り申し上げます


    2020年6月12日 
    CAPプロジェクトやお 代表 梶山恵美






    CAPワークショップのご依頼

    CAPワークショップの申込書がこちらでダウンロードできます。
    ☆申込書はこちら!

    相談できるところ



    「しんどい」「たすけて」って言っていい

    児童相談所全国共通ダイヤル「189」
    ※住んでいる地域の児童相談所へつながります

    困った時は電話してください


    チャイルドライン

CAPプロジェクトやおバナー


CAPは、子どもがあらゆる暴力から身を守るための教育プログラムです。
現在、八尾市、東大阪市、藤井寺市、柏原市を中心に活動中。 2008年度より、八尾市の全小学校3年生へ子どもワークショップを届けています。

お問合せは、事務局まで
581-0002
八尾市東久宝寺1-2-14
tel/fax 072-915-4936
火・水・金14:30〜18:00
急:080-6107-6155


子ども権利条約バナー


からりんバナー