CAPプロジェクトやお 子どもがあらゆる暴力から身を守るための教育プログラム

CAPプロジェクトやお

CAPプロジェクトやおは1996年から活動をはじめています。

八尾市、東大阪市、藤井寺市、柏原市を中心に、保育所、幼稚園、小、中学校や児童養護施設で、子ども・先生・施設の職員・保護者などを対象に実施しています。 2008年度より、八尾市の全小学校3年生へ子どもワークショップを実地しています。

CAPを受けた子どもの声

 知らない人がきたら、どうしたらいいか、分からなくて、不安だったけどCAPの人たちが来てくれて、少し安心しました。やっぱり、安心・自信・自由は大事だなあと思います。(4年A・I)

 これからも、他の人達に暴力や虐待のいけないことなどを教えて回ってください。ぼくも大人になるにつれて暴力や虐待をしないように、もし誰かがしていたら注意するように努力します。(5年ひーくん)

 わたしは、こわい人が来てどうしたりいのかわかりませんでした。けどCAPの人がきてどうしたらいいかがわかりました。3つのけんりがとられるということもわかりました。(4年 幸)

CAPを受けたおとなの声

 子ども達自身が、自分で自分を守れることがひとつでもあれば、結果として大きな成果が得られると思いました。

 自分の子どもの頃CAPと出会えていたらなあと思いました。習ったことを子ども達に伝えていきたいと思いました。

 自己防衛の大切さ、それは子ども自身が感じ学びとっていくことが必要だと思いました。それにはやはり、このようなわかりやすい言葉、また視覚を通しての実践は子どもにとってもわかりやすく、積み重ねていく必要がとてもあると感じました。

CAP実績報告

2013年度実績報告

2010年度実績報告


CAPプロジェクトやおバナー


CAPは、子どもがあらゆる暴力から身を守るための教育プログラムです。
現在、八尾市、東大阪市、藤井寺市、柏原市を中心に活動中。 2008年度より、八尾市の全小学校3年生へ子どもワークショップを届けています。

お問合せは、事務局まで
TEL:080-6107-6155


子ども権利条約バナー


からりんバナー